「会う」「逢う」「遭う」「合う」の意味の違いと正しい使い分け

パソコンなどに「あう」と入力すると「会う」「逢う」「遭う」「合う」などの変換候補が表示されますが、どれを使えばよいか迷うことはありませんか?

そんなときのために、今回は、

「会う」「逢う」「遭う」「合う」の意味の違いと正しい使い分け

についてお伝えします。

はじめに、「大辞林第三版」(三省堂)で「あう」を引いてみました。

「あう」について本書は、会う」「逢う」「遭う合うを分けて解説しています。

それでは、「日本語に強くなる本」省光社)も参照しながら、内容をまとめてみたいと思います。

「会う・逢う・遭う」と「合う」の意味

「会う」の意味

「会う」には、

「顔を合わせる。対面する」

という意味があります。

「先輩に会う」

「打ち合わせのため喫茶店で会う」

という使い方をします。

(出典元:「大辞林第三版」三省堂)

 

委員会・音楽会・展覧会・総会など、

「会」

「人の集まり」

を意味します。

また、「会」は会議・会見・会談・会話・再会・面会など、

「あう」「出あう」「集まる」

という意味でも使われます。

(出典元:「日本語に強くなる本」省光社)

「逢う」の意味

「逢う」には、

「出会う。落ち合う」

というの意味があります。

「恋人に逢う」などと使います。

「会う」とも書きます。

「逢う」は常用漢字表外の字です。

(出典元:「大辞林第三版」(三省堂)

「遭う」の意味

「遭う」には、

「好ましくないことに出会う」

という意味があります。

「にわか雨に遭う」「交通事故に遭う」などと使います。

(出典:「大辞林第三版」(三省堂)

「合う」の意味

「合う」には

「一つに合する。調和する。適合する」

という意味があります。

「合する」とは「一つになる」「一緒になる」ということです。

「彼とは気が合う」

「サイズが合う」

「相性が合う」

という使い方をします。

(出典:「大辞林第三版」(三省堂)

「会う」「逢う」「遭う」「合う」の使い分け

「会う」「逢う」「遭う」「合う」の使い分けを例文で確認します。

「会う」「逢う」の例文

 

  • 彼は先輩に会(逢)うため、自宅を訪問した。
  • 五時半にいつもの喫茶店で会(逢)おう。

「遭う」の例文

 

  • 同級生と駅でばったりった。
  • いやな奴とってしまった。
  • 盗難にう。
  • 交通事故にう。
  • ひどい目にう。

「合う」の例文

  • いくつもの川がって大河となる。
  • 視線がう。
  • 足にわない靴。
  • 意見がわない。
  • 彼とは話がう。
  • 計算がう。
  • 答えがわない。
  • このネクタイならあの上着によくう。
  • 眼鏡の度がわない。
  • 好みにった音楽。
  • 割にわない仕事。
  • 愛しう。
  • 話しう。
  • 子犬がじゃれう。

まとめ

「会う」「逢う」「遭う」「合う」の違いと正しい使い分けについてお伝えしきましたが、いかがでしたか?

今回のポイントをまとめます。

  • 「会う」「逢う」「遭う」 → 人や物事と「あう」こと。
  • 「合う」 → 別々の物・事がひとつにまとまること。

 

  • 「会う」 → 「顔を合わせる。対面する」という意味。
  • 「逢う」 → 「出会う。落ち合う」という意味。
  • 「遭う」 → 「好ましくないことに出会う」という意味。
  • 「合う」 → 「一つになる。調和する。適合する」という意味。

 

「会う」と「逢う」は、人と人が「あう」ときに使いますが、この場合、会う」を使っていれば問題ありません。

少なくても「会う」と「合う」はしっかりと使い分けたいものです。

(Visited 927 times, 3 visits today)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です