「事」と「こと」の正しい使い分け。公用文の原則も。

文章をチェックする仕事をしていたとき、気になったものの一つに、「事」と「こと」の使い方がありました。

例えば

「くわしいはあとで話します」

「自分のことは自分でしなさい」

は、何に基づいて「事」と「こと」を使い分けているのでしょうか?

ということで、

今回は、

「事」と「こと」の正しい使い分け

についてお伝えします。

「事」と「こと」の使い分けの根拠

今回はまず、その根拠となる文書を明確にするところからはじめました。

それが、各行政機関に宛てた「公用文における漢字使⽤等について」(平成22年11⽉30⽇内閣訓令第1号)です。

これによると、「1 漢字使用について」の(2)の「キ」に、

キ 次のような語句を、(   )の中に示した例のように用いるときは、原則として、仮名で書く。

ある(その点に問題がある。)

いる(ここに関係者がいる。)

こと(許可しないことがある。)

できる(だれでも利用ができる。)

とおり(次のとおりである。)

とき(事故のときは連絡する。)

ところ(現在のところ差し支えない。)

とも(説明するとともに意見を聞く。)

ない(欠点がない。)

なる(合計すると1万円になる。)

ほか(そのほか…、特別の場合を除くほか…)

もの(正しいものと認める。)

ゆえ(一部の反対のゆえにはかどらない。)

わけ(賛成するわけにはいかない。)

(以下省略)

(出典元:「公用文における漢字使用等について」内閣訓令第1号

とありました。

公用文において、「許可しないことがある。」のように用いるときには、仮名で「こと」と書くと明記されています。

それでは、「事」と「こと」の使い分けはどうすればいいのでしょうか?

「事」と「こと」の使い分けのポイント

「事」と「こと」の使い分けについて「日本語に強くなる本(省光社)」には次のような記載がありました。

「事」は、内容の具体的な場合に用いられる。

(例)「でき事」「事に当たる」

「こと」は、内容の抽象的な場合に用いられる。

(例)「所要の処置をすること」「許可しないことがある」「私こと」

(出典:「日本語に強くなる本(省光社)」

「事」と「こと」の使い分けのポイント

「具体的な場合」と「抽象的な場合」

にあります。

そこで、大辞林第三版の「事」と「こと」の解説を「具体的な場合」と「抽象的な場合」に分けて整理してみました。


「事」

「事柄・出来事・事態・事件・状態・経過・事情・わけ・重大事・大変な事態」など、

実体や内容がはっきりしている場合

に使います。

例文を読むと「事」の使い方がよく分かります。


「こと」には

実質的な意味はありません。

「~」に「こと」をつけることによって節を名詞化するのです。

こうした名詞を「形式名詞」といいます。

「こと」には実質的な意味がないので、その説明も抽象的になってしまいます。

しかし、例文は明確です。

「こと」の上には、修飾語がついて「~こと」という語になります。


「事」を使った例文

内容が具体的な場合

 

㋐ 生じた事柄。出来事。事態。事件。
  • は重大だ」
  • の推移を見守る」
  • 「事の起こり」
  • 「どんなこと事が起こっても驚くな」

㋑ 物事の状態や経過。事情。わけ。

  • 「事を分けて説明する」
  • 「事と次第によっては許せない」
  • 「くわしい事はあとで話します」

㋒ 重大事。大変な事態。

  • 「もし彼に知られたら事だ」
  • 「一朝事ある時は」
  • 「事なきを得る」

「こと」を使った例文

内容が抽象的な場合

 

㋐ ある物事に関連する事柄。

  • 「自分のことは自分でしなさい」
  • 「試験のことを話す」
  • 「彼のことだからうまく処理するだろう」

㋑ ある人物が動作・心情の対象であることを示す。

  • 「彼は彼女のことが好きらしい」
  • 「私のことをほめてくれた」

㋒ 言葉が何かをさしていることを示す。

  • 「タイガーとはトラのことをいう」
  • 「今の話の某氏というのは遠藤さんのことだ」

㋓ 行為。仕業。

  • 「自分のしたことを反省しなさい」
  • 「今日はいいことをした」

㋔ 言葉の内容。言葉の意味。

  • 「彼の言ったことを聞いたか」
  • 「彼女は私の言うことがよく分からないらしい」

㋕ うわさ。伝聞。

  • 「彼は来年留学するということだ」

㋖ 経験。体験。

  • 「外国へ行ったことがある」
  • 「それについて深く考えたことがない」

㋗ 習慣。しきたり。

  • 「朝は六時に起きることにしている」

㋘ 必要。

  • 「何も急ぐことはない」
  • 「彼に同情することはない」

㋙ 「…ことが大事だ」の意を表す。

  • 「合格したかったら勉強することだ」
  • 「風邪気味の時は早く寝ることだ」

㋚ 「…という方針を決める(決心をする)」の意を表す。

  • 「試してみることにしました」

㋛ 成り行き。結果。

  • 「黙っていたということは、認めたことになる」
「こと」を使ったその他の例文
  • 「この際真実を述べることが一番いい」
  • 「英語を話すことができる」
  • 「彼が有能なことを認めない人はいない」
  • 「彼に裏切られたことは一生忘れられない」
  • 「うまいことやれよ」
  • 「長いこと留守にする」
  • 「私ことこのたび左記に転居致しました」
  • 「愚息こと」
  • 「清水次郎長こと山本長五郎」
  • 「祝いごと」
  • 「考えごと」
  • 「はかりごと」
  • 「芸ごと」
  • 「きれいごと」

(出典元:「大辞林第三版」三省堂)


「将来のことを考える」

まとめ

今回は「事」と「こと」の使い分けについてお伝えしましたが、いかがでしたか?

漢字の「事」と平仮名の「こと」には、それぞれ違った場面での使い方があります。

「事」は、内容が具体的な場面で使います。

「こと」は、内容が抽象的な場面で使います。

「事」と「こと」の正しい使い分けが出来るようになるためには、より多くの例文に触れ、それを自分の文章に取り入れて行くことが大切です。

(Visited 31,464 times, 147 visits today)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です