「所」と「ところ」の正しい使い分け。公用文の原則も。

文章をチェックする仕事をしていたとき、気になったものの一つに、「所」と「ところ」の使い方がありました。

例えば

「町を出たに橋がある。」

「もうすぐ式が始まるところだ。」

は、何に基づいて「所」と「ところ」を使い分けているのでしょうか?

表記例の根拠を明らかにして、「所」と「ところ」の正しい使い方を知りたい!

そんな思いから、今回は、

「所」と「ところ」の正しい使い分け

についてお伝えすることにしました。


「町を出た所に橋がある」

「所」と「ところ」の使い分けの根拠

そこでまず、「所」と「ところ」の使い分けの根拠を明確にするところからはじめました。

それが、各行政機関に宛てた「公用文における漢字使⽤等について」(平成22年11⽉30⽇内閣訓令第1号)です。

これによると、「1 漢字使用について」の(2)の「キ」に、

キ 次のような語句を、(   )の中に示した例のように用いるときは、原則として、仮名で書く。

ある(その点に問題がある。)

いる(ここに関係者がいる。)

こと(許可しないことがある。)

できる(だれでも利用ができる。)

とおり(次のとおりである。)

とき(事故のときは連絡する。)

ところ(現在のところ差し支えない。)

とも(説明するとともに意見を聞く。)

ない(欠点がない。)

なる(合計すると1万円になる。)

ほか(そのほか…、特別の場合を除くほか…)

もの(正しいものと認める。)

ゆえ(一部の反対のゆえにはかどらない。)

わけ(賛成するわけにはいかない。)

(以下省略)

(出典元:「公用文における漢字使⽤等について」内閣訓令第1号

とありました。

公用文において、「現在のところ差し支えない。」のように用いるときには、仮名で「ところ」と書くと明記されています。

それでは、「所」と「ところ」の使い分けはどうすればいいのでしょうか?

「所」と「ところ」の使い分け

「所」と「ところ」の使い分けについて「日本語に強くなる本(省光社)」には次のようにありました。

「所」は、一定の場所を示す場合に用いる。

(例)「家を建てる所」「所書き」

「ところ」は、「ところ」で受ける文の内容全体を包括的に代表する代名詞として用いる。

(例)「議長の決するところによる」

(出典元:「日本語に強くなる本」省光社)

補足▼

「『ところ』で受ける文の内容全体を包括的に代表する代名詞」とは、

(決する)ところ

(今の)ところ

(今日の)ところ

(すんでの)ところ

(出かけようとする)ところ

(式が始まる)ところ

(外出した)ところ

(彼女が一人で歩いている)ところ

(普通の人間なら当然おこり出す)ところ

(人をひきつける)ところ

(おもしろい)ところ

などです。

 

さらに「大辞林第三版」を引くと、

「ところ・所」

①「空間的な位置・場所」

②「抽象的な事柄についての位置や場面など」

と区分して記載されていました。

「日本語に強くなる本(省光社)」の解説によれば、

「所」は「空間的な位置・場所」

「ところ」は「抽象的な事柄についての位置や場面など」

であると読み取れます。

「所」と「ところ」を使った例文

その詳しい説明と例文を見ていきましょう。

「所」を使った例文

空間的な位置・場所

 

① ある地点。また、そのあたり。

  • 「遠い所から来た」
  • 「町を出た所に橋がある」
  • 「時と所を考える」
  • 「窓の所に立つ」

② ある地域。地方。

  • 「所変われば品変わる」

③ 住んでいる場所。住所。居所。

  • 「所番地」
  • 「書類に所と名前を書き込む」
  • 「所払い」

④ 家庭・会社・地域など、所属している社会。

  • 「兄の所は五人家族だ」
  • 「あなたの所では何人社員がいますか」
  • 「私の所ではまだそんな風習が残っている」

⑤ ある箇所。部分。

  • 「口の上の所に吹き出物ができる」

「ところ」を使った例文

抽象的な事柄についての位置や場面など

 

① ふさわしい部署・地位。

  • 「ところを得た人事配置」

② 時間の流れの中のある部分を漠然とさす。場面。段階。

  • 「今のところは心配がない」
  • 「今日のところはこの程度にしておきます」
  • 「すんでのところで助かる」

③ 連体修飾語を受けて用いる。

補足▼

「白い花」「大きな家」「梅の花」「飛び回っている蝶」などと同じ使い方です。

 

㋐ ちょうど何かをしようとする場面、あるいは、何かをしたばかりの場面・状況であることを表す。ちょうどその時。ほかならぬその時点。

  • 「出かけようとするところに来客があった」
  • 「もうすぐ式が始まるところだ」
  • 「今し方外出したところだ」

㋑ 特定の状況における事態を表す。場合。

  • 「彼女が一人で歩いているところを見たことがある」
  • 「普通の人間なら当然おこり出すところだ」

㋒ 抽象的な箇所を表す。点。部分。

  • 「彼には人をひきつけるところがある」
  • 「小説のおもしろいところだけ話す」

㋓ そこに示されている内容のことであることを表す。

  • 「自分の信ずるところを述べる」
  • 「聞くところによると」

④ 数量を表す語に「が」を介して付いて、そのぐらいの程度であることを表す。くらい。

  • 「千円がところ損をした」
  • 「ところ」を使ったその他の例文
  • 「人の知るところとなった」
  • 「彼のめざすところの理想」
  • 「私が愛するところの家族」
  • 「見どころ」
  • 「つかみどころがない」
  • 「米どころ」
  • 「茶どころ」
  • 「きれいどころ」
  • 「社の幹部どころが集まった」

(出典:「大辞林第三版」三省堂)


「旅行に出かけるところ」

まとめ

「所」とは、

  • 「空間的な位置・場所」のことである。
  • 一定の場所を示す場合に用いる。

「ところ」とは、

  • 「抽象的な事柄についての位置や場面」である。
  • 「ところ」で受ける文の内容全体を包括的に代表する代名詞として用いる。

場所や位置をはっきりと示す場合は「所」

それ以外は「ところ」

と覚えておけば間違いありません。

「所」と「ところ」の例文を参考にして、正しく使い分けてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です