「製作」と「制作」の意味の違いと使い分け

 

「家具を製作する」

「絵画を制作する」

 

どちらも、何かを「つくる」という意味で使っていますが、どういう使い分けをしているのでしょう?

今回は、

「製作」と「制作」の意味の違いと使い分け

についてお伝えします。

「製作」と「制作」の意味

「製作」と「制作」の意味を辞典で引いてみました。

【製作】

1 道具や機械などを使って品物を作ること。

「家具を製作する」

2 映画・演劇・テレビ番組などを作ること。

プロデュース。

制作。

「記録映画を製作する」

3 詩文・美術作品などを作ること。

制作。

【制作】

芸術作品などを作ること。

「肖像画を制作する」

「番組の制作スタッフ」

以上【出典】「デジタル大辞泉(小学館)goo国語辞書」

「製作」と「制作」の使い分け

「製作」と「制作」の意味を読むと、

  1. 「道具や機械などを使って品物を作ること」は、「製作」
  2. 「映画・演劇・テレビ番組などを作ること」は、「製作」あるいは「制作」
  3. 「詩文・美術作品などを作ること」は、「製作」あるいは「制作」
  4. 「芸術作品などを作ること」は、「制作」

と、やや複雑な使い分けがされているようです。

この四つの使い分けを一つずつ考えていきましょう。

1.「道具や機械などを使って品物を作ること」は、「製作」

「家具を製作する」「医療機器の製作」「機械を製作する」など

実用的な物品を作る場合に使います。

「製作」の「製」は、「こしらえる」という意味で、「製鉄」「製薬」などと用いられます。

それで「製作」は「物をこしらえる」という意味になるのです。

2.「映画・演劇・テレビ番組などを作ること」は、「製作」あるいは「制作」

「制作」には、「4.芸術作品などを作る」という意味があります。

「製作」には、映画や演劇をプロデュースするという意味があります。

ですから、

実際に作品をつくっている人は「制作者」

で、

資金調達・宣伝・プロデュースに関わる人は「製作者」

と呼ばれているのです。

3.「詩文・美術作品などを作ること」は、「製作」あるいは「制作」

この「制作」にも、「4.芸術作品などを作る」という意味が関わってきます。

芸術作品としての「詩文・美術作品」をつくるのは「制作」です。

詩文でいえば、

執筆から校正・完成までが「制作」です。

その作品の資金調達・宣伝・プロデュースが「製作」です。

4.「芸術作品などを作ること」は、「制作」

「制作」の「制」には、「ととのえる」という意味があり、「制定」「制御」などと用いられます。

したがって、「制作」は「新たに定める」「自分の思うとおり仕上げる」という意味を持っています。

そのため、

精神的、独創的な芸術関係に「制作」を用いているのです。

(出典元:「日本語に強くなる本」省光社)

製作・制作の使い分けの例

ものづくり

ものづくりでは、その作品が

芸術性を追求したものであれば「制作」

で、

実用性を追求したものであれば「製作」

になります。

芸術作品と呼ばれる映画や演劇をつくる場合は「制作」

で、

その作品のための資金調達・宣伝・プロデュースは「製作」

になります。

本にはさまざまなジャンルがありますが、

文章・写真・絵・デザインなど作品の創作から完成までが「制作」

で、

その本の資金調達・宣伝・プロデュースが「製作」

です。

「製作」の例文

  • 医療機器の製作。
  • テーブルを製作する。
  • 機械部品の製作。
  • ○○自動車△△製作所。
  • (映画)○○製作委員会。

「制作」の例文

  • 卒業制作。
  • ロゴマークを制作する。
  • 画家として制作する。
  • 能面の制作。
  • アニメーション制作会社。

まとめ

「製作」と「制作」の意味の違いと使い分けについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

今回のポイントをまとめます。

  • 「製作」は、主として実用的な物品をつくる場合に使う。
  • 「制作」は、主として芸術的な作品をつくる場合に使う。
  • 映画や演劇をつくるのは「制作」で、その作品のプロデュースなどは「製作」。
  • 本の完成までが「制作」で、その本のプロデュースなどが「製作」。

映画や出版などの世界では、使い分けが複雑な部分もありますが、一般的には、

「実用的」か「芸術的」

で判断できます。

今後のお仕事や勉強の参考にしてください。

 

【出典】

「デジタル大辞泉(小学館)goo国語辞書」

「日本語に強くなる本(省光社)」

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です