「上げる」「挙げる」「揚げる」の意味の違いと使い分け

  • 物価があがる
  • 船荷をあげる
  • 一例をあげる
  • 本を貸してあげる

 

上の文の「あがる」「あげる」の書き表し方はそれぞれ違います。

正解は、

  • 物価が上がる
  • 船荷を揚げる
  • 一例を挙げる
  • 本を貸してあげる

です。

このような「異字同訓」の漢字の使い分けに迷うことはありませんか?

ということで今回は、「上げる」「挙げる」「揚げる」の意味の違いと使い分けについて調べてみることにしました。

「上げる」「挙げる」「揚げる」の意味

いくつかの辞書で「あげる」を引いてみましたが、その多くが同一の見出しで「上げる」「挙げる」「揚げる」を説明していました。その中で、見出し語を分けて記載していた「日本語大辞典」を参考にさせていただきました。

また、漢字の使い分け等については、「日本語に強くなる本」「文化庁 新訂公用文の書き表し方の基準(資料)」「大辞林第三版」「朝日新聞の用語の手引き」「毎日新聞用語集」を参考にさせていただきました。

【上げる】

下がる(下げる)の対語。終わる。

①(他動詞)

㋐場所を下から上へ移す。「本を棚に上げる」「腰を上げる」

㋑程度を高める。状況をよくする。「生活水準を上げる」「腕を上げる」

㋒価を高くする。「値段を上げる」「運賃を上げる」

㋓物音や名声などを高くする。「名を上げる」「大声を上げる」

㋔はっきり、それと示す。「証拠を上げる」

㋕食べた物をはく。もどす。

㋖進級・進学させる。「子を高校に上げる」

㋗物事をなしとげる。仕上げる。「仕事を月末までに上げる」

㋘神仏に供える。「おみきを上げる」「灯明を上げる」

㋙客を座敷などにみちびく。「座敷へ上げる」

㋚すべて済むようにする。「1000円で上げる」

㋛(「与える」の丁寧語)進呈する。「本を上げる」

②(自動詞)潮がさす。「潮が上げてくる」

③(動詞の連用形に付いて)丁寧な言い方。「存じ上げる」「申し上げる」

㊁(補助動詞)(動詞の連用形に+助詞「て」の形で)「…てやる」の丁寧な言い方。「教えて上げて」「つれてって上げて」

「日本語に強くなる本」では、「上」の使い分けについて次のことが書かれてあります。

  • 単独の動詞として、「品物を上げる」「物価が上がる」など。
  • 複合動詞として、「浮き上がる」「繰り上げる」「伸び上がる」「飛び上がる」「つり上げる」「申し上げる」など。
  • 補助動詞として、「仕上がる」「刷り上がる」「縮み上がる」など。しかし、「図書を貸してあげる」の「あげる」は仮名書きにする表記習慣になっている。

この「…してあげる」について、「文化庁 新訂公用文の書き表し方の基準(資料集)」を見ると、「文部科学省用字用語例」に次のようにありました。

見出し 表外漢字・表外音訓等 書き表し方 備考
あげる 上げる

揚げる

挙げる

…(て)あげる

物価が上がる、成果を上げる

船荷を揚げる、歓声が揚がる

一例を挙げると、国を挙げて

本を貸してあげる

 

このように、「…(て)あげる」と平仮名書きするのだとすれば、

「教えて上げて」は「教えてあげて

「つれてって上げて」は「つれてってあげて

となります。

公用文の書き表し方の基準新訂 資料集 [ 文化庁 ]

価格:1,980円
(2020/4/15 12:47時点)
感想(6件)

【挙げる】

はっきり分かるように示す。列挙など。

①式をとり行う。「結婚式を挙げる」

②例として、示す。「一例を挙げる」

③得る。おさめる。「収穫を挙げる」

④犯人などを捕まえる。「星を挙げる」

⑤全部を出しつくす。「全力を挙げる」

⑥世に知らせる。「名を挙げる」

⑦いくさを始める。「兵を挙げる」

⑧手を上へ動かす。「手を挙げる」

ここで迷ってしまうのが、名声などを高くする意味での「名を上げる」と、世に知らせる意味の「名を挙げる」の使い方です。

このことについては、「朝日新聞の用語の手引き」に次のように記載されています。

名が上がる・名を上げる<名声>

名が挙がる・名を挙げる<列挙>

朝日新聞の用語の手引[改訂新版] [ 朝日新聞社用語幹事 ]

価格:1,980円
(2020/4/15 12:58時点)
感想(1件)

「名声」とは「良い評判」ですから、「名を上げる」は「良い評判を高くする」という意味です。

「列挙」とは「一つ一つ並べあげること」ですから、「名を挙げる」は「名を並べあげて、世間に知らせる」という意味になります。

「大辞林第三版」には

㋓話題となっているものを明確にするために、名称・事実・例・数値などを具体的に示す。

《挙》「次期社長の候補として三人の名を-・げる」「例を-・げる」

とありました。

「名を挙げる」の使い方としては、「次期社長の候補として三人の名を挙げる」が分かりやすいですね。

【揚げる】

高く掲げる。浮揚など。

①船から陸に移す。「積み荷を揚げる」

②水中から取り出す。「タイを一匹揚げる」「菜をゆでてざるに揚げる」

③旗などを高くかかげる。「国旗を揚げる」

④たこなどを、高く飛ばす。「気球を揚げる」

⑤揚げ物をつくる。「天ぷらを揚げる」

⑥芸者などを座に読んで遊興する。「芸者を揚げる」

「日本語大辞典」には「物音などを高くする」という意味で「大声を上げる」とありますが、大辞林第三版には、

㋑大きな声を発する。《上・揚》「喚声を-・げる」「金切り声を-・げる」

とありました。《上・揚》は、「上げる」でも「揚げる」でもよいということです。

ただ、前述の「文部科学省用字用語例」では備考で「歓声が揚がる」という使い方を示していたので、公用文では「揚がる」を使った方がよいかと思います。

さらに、「朝日新聞の用語の手引き」と「毎日新聞用語集」も調べてみましたが、どちらも「歓声を上げる」と示していました。

これらのことから、私文書等一般的な文書であれば、「歓声が揚がる」「歓声を上げる」のどちらを使ってもよいと理解しました。

まとめ

「上げる」「挙げる」「揚げる」の意味の違いと使い分けについてお伝えしてきました。

今回のポイントをまとめます。

  • 「上げる」:下がる(下げる)の対語。終わる。 → 物価が上がる、成果を上げる
  • 「挙げる」:はっきり分かるように示す。列挙など。 → 一例を挙げると、国を挙げて
  • 「揚げる」:高く掲げる。浮揚など。 → 船荷を揚げる、歓声が揚がる
  • 「…(て)あげる」→ 本を貸してあげる

【出典元】

「日本語大辞典1989版(講談社)」「日本語に強くなる本1994版(省光社)」「文化庁 新訂公用文の書き表し方の基準(資料集)2017版」「大辞林第三版(三省堂)」「朝日新聞の用語の手引き2015版(朝日新聞出版)」「毎日新聞用語集1996版(毎日新聞社)」

 

(Visited 4,450 times, 27 visits today)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です