「暖かい」と「温かい」の意味の違いと使い分け

次の文のあたたかいを漢字にしてください。

①「あたたかいセーター」

②「あたたかいスープ」 

 

正解は、

①「暖かいセーター」

②「温かいスープ」

です。

このような「異字同訓」の漢字の使い分けに迷うことはありませんか?

ということで、今回は「暖かい」と「温かい」の意味の違いと使い分けについてお伝えしたいと思います。

はじめに、「暖」と「温」の漢字の意味を「日本語大辞典」で調べてみました。

「暖」と「温」の意味

「暖」の意味

①日差し・空気・気候があたたかい。あたたかみ。「温暖・春暖」「暖国・暖流」

②あたためる。あたたまる。「暖房・暖炉」

「暖を取る」

(出典元:「日本語大辞典」講談社)

「温」の意味

①あたたか。あたたかい。ぬくい。ぬるい。「温室・温暖」

②あたたかさ、つめたさの度合い。温度。「気温・検温」

③おだやか。やさしい。「温顔・温厚・温順・温和」

④ならう。おさらいをする。「温習」

⑤大切にする。「温存」

(出典元:「日本語大辞典」講談社)

「暖」と「温」の意味の違い

「暖」は日差し・空気など「気候のあたたかさ」を表していて、「春暖の候」と手紙の挨拶などにも使われています。

また、「暖を取る」という用例があるように、「あたためる・あたたまる」といった意味ももっています。

それに対して、「温」「温度のあたたかさ」を表しています。

また、「温」は「人のおだやかさ」「おさらい」「大切にすること」など、「温度」から離れた意味ももっていることが分かります。

「暖かい」と「温かい」の意味

それでは次に、「デジタル大辞泉」で「暖かい」と「温かい」の意味をくわしく見ていきましょう。

「暖かい」の意味

1 寒すぎもせず、暑すぎもせず、程よい気温である。あったかい。

「暖かい部屋」

「暖かい地方」

2 金銭が十分にある。

「今日は懐が暖かい」⇔寒い。

3 色感がやわらかく、冷たい感じがしない。

「暖かい色調の壁紙」

(出典元:「デジタル大辞泉」コトバンク)

「温かい」の意味

1 物が冷たくなく、また熱すぎもせず、程よい状態である。

「温かい御飯」

2 思いやりがある。いたわりの心がある。

「温かくもてなす」⇔冷たい。

(出典元:「デジタル大辞泉」コトバンク)

「暖かい」と「温かい」の違い

「気候のあたたかさ」を表している「暖」という漢字は「寒」の対義語で、「暑」もまた「寒」の対義語です。

そして、この「気候のあたたかさ」の順番は、「寒」<「暖」<「暑」となります。

ですから「暖かい」は、寒くもなく暑くもない、ちょうどよい気温なのです。

人は、この「あたたかさ」を空気を介して身体全体で感じて「暖かい」と言います。

それに対して、温度のあたたかさの「温」は「冷」の対義語で、「熱」もまた「冷」の対義語です。

そして、この「温度のあたたかさ」の順番は、「冷」<「温」<「熱」となります。

ですから、「温かい」は、冷たくもなく、熱すぎもしないちょうどよい物の状態なのです。

人は、この「あたたかさ」を掌など身体の部分で感じたり心で感じたりして「温かい」と言います。

「暖かい」には、「気候の暖かさ」から離れて、「懐が暖かい」とか「暖かい色調」といった使い方をします。

一方「温かい(温)」には前述のとおり、人の「おだやかさ」など、「温度」から離れた意味があり、「温かくもてなす」といった使い方をします。

そしてこれらは、「懐が暖かい」に対して「懐が寒い」、「暖かい色調」に対して「寒い色調」、「温かくもてなす」に対して「冷たくもてなす」と使われます。

「暖かい」と「温かい」の使い分け

「暖かい」と「温かい」の使い分けは、それぞれの対義語から判断できそうです。

「暖かい」の使い分け

「あたたかい冬」⇔「寒い冬」⇔「暖かい冬」

「あたたかい室内」⇔「寒い室内」⇔「暖かい室内」

「あたたかい気候」⇔「寒い気候」⇔「暖かい気候」

「あたたかい地方」⇔「寒い地方」⇔「暖かい地方」

「温かい」の使い分け

「あたたかい風呂」⇔「冷たい風呂」⇔「温かい風呂」

「あたたかい空気」⇔「冷たい空気」⇔「温かい空気」

「あたたかいスープ」⇔「冷たいスープ」⇔「温かいスープ」

「あたたかい料理」⇔「冷たい料理」⇔「温かい料理」

「暖かいセーター」と「温かいスープ」の使い分け

冒頭の①「暖かいセーター」と②「温かいスープ」の使い分け方を考えてみましょう。

「暖かい」は、「寒い・暖かい・暑い」といった気候の暖かさの一つですから、「セーターを着ていても寒い」「セーターを着ているので暖かい」「セーターを着ているので暑い」という使い方ができます。

それに対して、

「温かい」は、「冷たい・温かい・熱い」といった物の状態の一つですから、「冷たいスープ」「温かいスープ」「熱いスープ」という使い方ができます。

まとめ

「暖かい」と「温かい」の意味の違いと使い分けについてお伝えしてきました。

今回のポイントをまとめます。

「暖かい」

  • 「暖かい」は、「寒い・暖かい・暑い」といった「気候のあたたかさ」の一つ。
  • 身体全体で感じる。
  • 「懐が暖かい」「暖かい色調」といった感じ方も表す。

「温かい」

  • 「温かい」は、「冷たい・温かい・熱い」といった物の状態の一つ。
  • 「思いやりがある」「いたわりの心」など人間の心の状態も表す。
  • 掌など身体の部分で感じたり心で感じたりする。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です