「収まる(収める)」と「納まる(納める)」の意味の違いと使い分け

「カメラに収ま

「カメラに納まる

 

この場合、「収」「納」のどちらを使えばよいのでしょう。

このことについて「明鏡国語辞典」で調べてみました。

明鏡国語辞典 第二版 for Win / 販売元:ロゴヴィスタ株式会社

価格:2,135円
(2020/10/22 11:18時点)
感想(0件)

「おさめる」を引くと【収める・納める】とあり、

❸[収](しまいこんで)記憶や記録に残るようにする。

「本作品はのち『詩文集』に収められた(=所収された)」

「愛犬をカメラ[フィルム]に収める(=写す)」

(出典元:「明鏡国語辞典」大修館書店)

「おさまる」を引くと【収まる・納まる】とあり、

❹[収・納]絵や写真などの記録にとどめられている。

「澄ました顔して写真[カメラ]に収まっている(納まっている)」

(出典元:「明鏡国語辞典」大修館書店)

つまり「カメラに収まる」は「カメラに納まる」でもよいということになります。

このように、「収まる(収める)」と「納まる(納める)」は使い分けが一定していない異字同訓の漢字の一つです。

この漢字は、ほかの辞書等で調べてみても[収・納]といった記載が多く、どちらを使ってもよいとされています。

そこで今回は、使い分けに悩まなくてすむように、筆者の分かる範囲で用例を整理してみました。

「収まる(収める)」と「納まる(納める)」の意味と使い分け

「収まる(収める)」の意味と使い分け

「収」には、内側に立って取り入れるという意味があります。

元通りの安定した状態になる(する)という意味。

「争いが収まる」

「怒りを心に収める」

「インフレが収まる」

「風が収まる」

「不平が収まらない」

「丸く収まる」

「物事を円満に収める」

ある限度に入るという意味。

「原稿用紙400字に収める」

「出費を予算の枠内で収める」

「推理小説のジャンルに収まらない作品だ」

物の中にきちんと入るという意味。

「目録の収める」

「カメラ・写真に収める」*

「財布に収める」

取って自分のものにする、手に入れる、という意味。

「成果を収める」

「利益を収める」

「大会で好成績を収める」

 

※「収容」「収束」「収録」「収益」などの熟語に置き換えると分かりやすいです。

「納まる(納める)」の意味と使い分け

「納」には、外側に立って入れるという意味があります。

金や物品を支払ったり引き渡したりするという意味。

「税金を納める」

「得意先に品物を納める」

「会費を納める」

物をきちんと中にしまう、かたづける、という意味。

「書類を金庫に納める」

「遺体を棺に納める」

「刀を鞘に納める」

「カメラ・写真に納まる」*

ある地位や境遇に満足して落ち着くという意味。

「社長のポストを譲って、会長に納まる」

「椅子に納まる」

「窓際の座席に納まる」

今まで続けてきたものをそれでおしまいにするという意味。

「歌い納める」

「今年の仕事はこれで納める」

「飲み納める」

「見納め」

「仕事納め」

 

※「納税」「納品「納棺」「納会」などの熟語に置き換えると分かりやすい。

出典元▼

「日本語に強くなる本(省光社)」「明鏡国語辞典(大修館書店)」「朝日新聞の用語の手引き(朝日新聞出版)」「毎日ことば」

 

「カメラ・写真に収める」「カメラ・写真に納まる」については、「毎日ことば」の使い分けを参考にさせていただきました。

写真に「収める」のがカメラマンで、写真に「納まる」のが被写体、ということです。

まとめ

「収める」

  • 元通りの安定した状態になる(する)という意味。「争いが収まる」
  • ある限度に入るという意味。「原稿用紙400字に収める」
  • 物の中にきちんと入るという意味。「財布に収める」
  • 取って自分のものにする、手に入れる、という意味。「成果を収める」

「納める」

  • 金や物品を支払ったり引き渡したりするという意味。「税金を納める」
  • 物をきちんと中にしまう、かたづける、という意味。「書類を金庫に納める」
  • ある地位や境遇に満足して落ち着くという意味。「社長のポストを譲って、会長に納まる」
  • 今まで続けてきたものをそれでおしまいにするという意味。「歌い納める」

※あくまでも筆者の分かる範囲で用例を整理したものですので、もしも間違い等がありましたら教えてください。

(Visited 5,397 times, 17 visits today)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です