百年文庫15「庭」梅﨑春生、スタインべック、岡本かの子

ポプラ社の「百年文庫」の存在を始めて知りました。ホームページを見ると、「名短篇の本棚です。百年文庫 1冊で3人の文豪の傑作が読める、日本と世界の名短篇アンソロジー」とありました。(2020-08-06)

「庭の眺め」梅﨑春生

この「庭」は手入れをしていない雑草だらけの空き地で、竹垣も朽ちて境界線がありません。犬猫鶏など自由に通ることができるのです。そんな庭をある日、汲取屋の馬車馬が通りました。そんな庭の様子を私は縁側から眺めているのです。眺めたままを淡々と描く、その描き方がなんとも味わい深い作品です。

「白いウズラ」スタインべック 伊藤 義生  訳

理想の庭を求め続ける妻。夫はそれを尊重し、二人の暮らしが続いていくが、やがて……。という物語です。

「金魚繚乱」岡本かの子

「意識して求める方向に求めるものを得ず、思い捨てて放擲(ほうてき)した過去や思わぬ岐路から、突兀(とつこつ)として与えられる人生の不思議さ」
この一文が物語の主題でしょうか……。

(015)庭 (百年文庫)

新品価格
¥2,392から
(2022/10/26 21:42時点)

(Visited 21 times, 1 visits today)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

twelve − 1 =