百年文庫23「鍵」H・Gウェルズ シュニッツラー ホーフマンスタール

「塀についたドア」H・Gウェルズ 阿部知二 訳

ウォーレスは、子供のころ壁についたドアの向こうの庭園に足を踏み入れました。彼はそこで女がひらく本を見たのです。その本のページは生きていて、彼自身の姿が見えました。それは彼自身の物語だったのです。彼は大人になり高名な政治家になってからも、もう一度ドアの向こうに行ってみたいと思っていました。そしてある日……。

「わかれ」シュニッツラー 山本有三 訳

男の名前はアルベルト。その不倫相手の女はアンナといいました。でも、この名前が出てくるのは物語がだいぶ進んで、そのタイミングが絶妙なんです。

物語は、女が何の連絡もなしに男の所に来なくなったことから始まります。男はずっと待ち続けますが、時が経つにしたがって不安がつのっていきます。そんな男の心の動きが詳細に描かれています。

「第六七二夜の物語」ホーフマンスタール 富士川英郎 訳

主人公は、ある商家の若い息子。彼は四人の召使いを雇って暮らしていました。彼は、召使いたちによって死の中へ追いやられます。下男は町へ、老婆は宝石商の店へ、娘はその奥の部屋へ、小娘は温室のなかへ彼を追いやりました。感覚の世界に入り込む夢幻的な物語です。

(023)鍵 (百年文庫)

中古価格
¥574から
(2024/1/14 20:07時点)

 

Follow me!

(Visited 18 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です