「元」「本」「基」「下」の意味の違いと使い分け

「この画集の出版をさがしている」

「国のは農業である」

「資料をに議論する」

「法のではみな平等である」

 

上記の例文には、どれも「もと」という漢字が使われています。

このような異字同訓の漢字の使い分けに迷うことはありませんか?

ということで、今回は、

「元」「本」「基」「下」の意味の違いと使い分け

についてお伝えいたします。

「元」「本」「基」「下」の意味の違い

「元」の意味

「元」は「もと」の中で一般的にもっとも多く使われる言葉です。

音読みで「元祖」「元旦」と使われるように、

「物事の始め」

という意味があります。

「もともと」という副詞も本来は「元々」です。

「前の」という意味で「元の住所」などのように使われます。

「もとで」という意味もあり、「元を取る」「元がかかる」と使います。

「本」の意味

「本」は、本来は木や茎の根、

「物事の根本をなすところ」「根幹」「基礎」「土台」

という意味です。

「末」の対語で、「本と末」「本を正す」などと使います。

「基」の意味

「基」は、音読みで「基礎」「基盤」「基本」と使うように、

「成り立つ下の部分」

という意味です。

「資料に基づく」「基になる資料」などと使います。

「下」の意味

「下」は、音読みで「樹下」「門下」と使われるように、

「上に広がるものに隠れる範囲」

という意味があります。

「灯台下暗し」「一言の下にはねつける」などと使います。

それは、「物のした」という意味だけだはなく、

「ある人のいる所。その人の影響の及ぶ所」

という意味があり、「親の下を離れる」などと使います。

「元」「本」「基」「下」の使い分け

「元」「本」「基」「下」使い方について、国語審議会漢字部会が作成した「異字同訓の漢字の用法」にも記載されています。

もと

下……法の下に平等。一撃の下に倒した。

元……火の元。出版元。元が掛かる。

本……本を正す。本と末。

基……資料を基にする。基づく。

[出典元:「文化庁新訂公用文の書き表し方の基準(資料集)]

以下、使い分けの参考に例文を示します。

「元」の例文

「元へさかのぼって考え直す」

「火の元」

「出版元」

「元の場所に戻る」

「会場を元通りにする」

「加工前の元の画像を探す」

「異臭が発生した元を調査する」

「元手がかかりすぎる」

「本」の例文

「本が枯れる」

「農は国の本」

「生活を本から見直した」

「本を正せば、私が悪い」

「その発言は何を本にしたものなのか」

「基」の例文

「資料を基に議論する」

「基がしっかりしているからこの建物は安全だ」

「基の知識がないとこの問題は理解できないだろう」

「旧モデルを基に新製品を開発する」

「既存のプログラムを基にプログラムを書き直す」

「失敗は成功の基」

「下」の例文

「花の下に遊ぶ」

「自由の旗の下に集まれ」

「白日の下にさらす」

「双頭の鷲の旗の下」

「親の下を離れ独り立ちした」

「彼はいつも親の監視の下に置かれている」

「博士の指導の下、新製品を開発した」

「恩師の下を尋ねる」

 

まとめ

「元」「本」「基」「下」の意味の違いと使い分けについてお伝えしましたがいかがでしたか?

今回のまとめをします。

  • 「元」…「物事の始め」という意味。「火の元」「出版元」「元が掛かる」と使う。
  • 「本」…「物事の根本をなすところ」という意味。「本を正す」「本と末」と使う。
  • 「基」…「成り立つ下の部分」という意味。「資料を基にする」「基づく」と使う。
  • 「下」…「上に広がるものに隠れる範囲」という意味。「法の下に平等」「一撃の下に倒した」と使う。

「もと」という言葉は普段よく使います。

「元」「本」「基」「下」の使い分けに迷ったときには、その意味の違いに立ち返ってみてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です